適職、天職のことを考える

天職となると、天って言葉がちょっとスピリチュアルな意味合いが含まれてくるので、何なんだろうと思います。

とある説明によると、天職とは、実際の仕事場で、いろいろな出来事の中で、たくさんの思いを抱えながら、自分を鍛えていきつつ、喜びも苦しみも味わい、そこで、これが私の天職なんだ…と感じることが出来た人、このような境地に至ることが出来た人、そんな人が、誇りや覚悟を伴って使う言葉である、という内容が書かれてあります。

やっぱり、お天道様の天の字を使っているだけあって、なんともスピリチュアルな、精神的な意味を強く含む言葉のようですね。

適職とは違って、その人の天職は、この世でたったひとつしかないということです。確かに、前述したような、実際にある仕事につきながら、時間も労力をかけ、努力していった上で、天職だという思いに至る、というわけですから、探してきて、はい、これが私の天職でした!というものではない、ということを言われていますよね。

この定義を正とするなら、天職探し、というのではなく、適職探しをして、それが天職になりうると信じて邁進することが、天職への近道なのかもしれませんね。

自分の心の奥に眠っている無意識の思想や思いを引き出して、適職を見つけるところまでは、適職・天職占いが得意な電話占いの先生に手伝ってもらいながら、それが天職となり得ると信じること、このあたりはやっぱり自分の力が必要なんだろうなと思います。

仕事自体も、適職探しも、周りに助けてもらいながら、でも、主軸は自分じゃないとね、と思います。

適職、天職といったものを知ろうと思ったら、どうしても、自己分析のような作業が必要になってくるものだと思います。

自分の特性とか能力、性格や趣味嗜好、考え方のクセとか、いろんなことが、適職、天職を探すときの羅針盤になり得ると思います。

しかしここで結構落とし穴的なことがあるように感じます。

適職、天職といっても、その仕事、その職業そのものの実態が、自分が想像しているものと違うということも、多くあるというのが現実的なところでしょう。

私が好きな、養老孟司氏が何かの本で書いていたことで、養老さんは解剖学をやられていて、献体といって、亡くなった方を解剖の対象にすることを生前決めていて、その遺体を引き取りに行く作業があることを挙げていました。

簡単に言うと、私は解剖学、解剖作業がやりたい、というときにも、献体を引き取りに行く、そして運ぶ作業などはする必要があるわけですね。

マンションがご自宅の人たちのところへ行った際などは、棺を運ぶことを想定された作りになっていることはほとんどなくて、運び方自体も検討しなければいけない、ということでした。

また、それ以前に、献体をお願いするということも必要になってきますしね。

そういったこともあるということを知っていないと、私は解剖だけがやりたい、というわけにはなかなか行かないのが実情であると言いたかったわけでしょう。

適職や天職を考えるとき、その職業に対して自分が持っているイメージだけで判断していると、思っていたものと違う!ということが大いにありますよ、ということだと思います。

適職、天職ではなくても継続すべし、でしょうか

適職とか天職だと思っていなくても、いやいやでも、気持ちとしては続けたくはないという状況でも、今やっている仕事は続けていくべきなんでしょうか。

私なんかは、なぜずっと勤め人をやっているかというと、まさに収入を確保するため、と答えます。それ以外で稼ぐことができていないから。

ただ、これで心を病むようなことがあっては、人生かけて何をやっているのか分からなくなるようにも思います。

好きでやっている、でも結果がでない、それでも続ける…これなら、心を病むというよりは、ずっと続けて努力ができるのかもしれませんね。

たとえ収入が少なくても、そのために違うバイトをすることがあっても。駆け出しの芸能人や、漫画家、芸術家、プロスポーツ選手、などはそんな人が多いかもしれませんね。

私は、一般的にいう会社員でやってきていて、勤め人生活も長くなってきました。小学校、中学校、高校、大学と学校生活を送ってきましたが、それよりも会社員生活の方が長くなりました。会社は今が3社目の転職組です。

私は今の仕事が適職、天職だとは思えず、少なからず仕事の悩みは抱えている感じがありますが、少なくとも、転職を経験したことは自分にとっては良かったなと思います。

ただ、もう今の職場には10年以上いて、すでに転職を2回経験していることもあり、転職を繰り返すだけではあまり意味がないのでは?という思いがありますね。

それこそ適職、天職と言えるのを見つけられたら話が変わってくるかもしれませんね。

仕事占いやカウンセリングなど受けてみると何か見えてくるでしょうかね。かなり興味ありです。

天職、天から授かった職業、天性に合った職業、自分の性質に合った職業、という説明があります。

天から授かった、という言い方になると、私にはちょっと大袈裟な感じに思えてしまいますが、自分の性質に合った職業、ということであれば、それが何かって、すごく興味が湧きます。

適職というのも、同じような説明がなされていることが多いのですが、某有名なスピリチュアルカウンセラーの方が仕事の話の中で、「適職」で働きながら「天職」を見つけると良いでしょう、という趣旨のことを言われていました。

適職は、その文字が示すとおりに、自分に適する職業を指すようです。自分の関心、興味、価値観、働き方、そして、知識やスキルなどを、これらが合っている職業を、適職と呼ぶようです。

実は面白いことに、適職を探そうとすると、今上げたようなことを指標にして細かく分析することで、理論的に導き出すこともできると言われています。

私はこのあたり、その理論、本当に当たるのか?と疑念が湧いてきてしまうのです。むしろスピリチュアル系の占いの方が、自分との深層心理との兼ね合いで驚くほど当たるようなイメージがあります。まぁそれは置いておいて…。

で、適職はひとつだけとは限らず、たくさんあるものだそうです。現実社会では、仕事なんてやりたくない、働くのがいやだ、という人にも、必ず適職と呼べるものはあると言われています。

その気になることが必要なのですが、誰でも適職につくことはできる可能性が高いのだそうですよ。

希望が出てきます。

適職をと思って土日が過ぎる…でも!

適職は何か、占いで鑑定して見てもらおうか…などと考えているうちに、嬉しい金曜日が過ぎ、あっという間に土曜も終わり、俗にいうサザエさん症候群?じゃないですけども、明日からまた仕事じゃん…と思う日曜の夜。

今の仕事が自分にとっての適職で、天職だと感じていたなら、土日働くのもむしろ楽しいのじゃないかと思うわけです。

もちろん私も会社員経験は人並みにあるくらいの歳になりましたんで、仕事してたらいろんなことがあることくらいは分かっているつもりですし、それなりに辛抱といいますか、グッと堪えることも幾度となくあります。

適職、天職と言っているのは、私の場合は、少々しんどくても、自分が社会の役に立っているとか、人の役に立っている、そして自分が心から喜んでいる、これは私がやらねば!と思えていること、思えること、というイメージです。

自分が楽しいという基準だけで、それこそ適職に受けている人もいると思いますが、自由な社会になって、いろんな働き方が出てきたといえども、まだまだそういう人は少数派なんではないかと思うんです。

今の私は、お金のためだけに勤めに行っている感じがします。あんまり人に愚痴っていると、空気が淀む感じがするので、こんなところに書いたりしているわけです。(でも結局これを読まされる人は沈んだ空気になるんですかね…すみません)

適職、天職と簡単に言っていますが、これってちゃんと周りを見たり考えたりしてみると、占いとかをせずに、自分だけで人生のうちに本当の適職を見つけられたという人は、かなり少ないように思えるのですがどうなんでしょうか。

いまは電話占いとかで、自分でも気づかない深層心理や潜在意識を視たりするのを専門にしている人たち、言って見れば、スピリチュアルなカウンセラーとでも呼べる先生がいたりするので、少し、これが適職だ、私の天職だ!と言える人が、今後増えてくることも、充分に考えられそうです。もちろん私もそれにあやかろうと思っているひとりです。

よく、占いだ?適職?天職?そんな甘いこと言ってちゃあ世の中やっていけねーよ!なんていう意見の人もいるかもしれません。

確かにいろんな考え方があって、そういった意見も一理はあると思います。ただ、ゆっくりと目をつむったりして心の声を聞くようなことをトライしてみると、ん?わたしゃ何者ぞ?という感じになってきたりします。

あんまりそこに落ち込んでしまうと、妄想の世界から出られなくなると現実生活が困難になってしまいますが、現実と精神的なところのバランスが取れたところに、仕事で言えば、適職とか天職と呼ばれること、状態があるように思うわけです。

なので、占いで適職を見つけようという試みは、大いにありだと思う私です。

適職、天職探し。

適職は何かというのは、私はよく考えることです。

近頃どうも、一生いまの仕事を続けていくのかと考えたときに、何かが違うような気がしてならないんですよね。

俺はこんなことするために生まれてきたんじゃない!みたいに声を大にしていう感じではないのですが、身が入らないというか、大事な人生の大半の時間をかけてやっていていいんだろうか、なんていうぎもんが湧いてきます。

もっと若いときは、学校でて早く働いて自分で稼いで…と思っていたのですが、それも、自立ということにポイントがあったのだと思います。

自分で稼いでいることで、ひとり立ちができているという感じで、とりあえずの満足感というか、自信を持つことにつながっていたのだと思います。

だから、適職は何かとか、将来どうなりたいかと言うことを、就職や転職の際に、深く考えたことがなかったかもしれません。

とにかく金稼ぎを止めたらイカンみたいな感じですかね。

現実的には、生きていこうと思ったら、金は必要なんですが、それだけでは心が満足しないという部分もやっぱりあると思います。

スピリチュアルな面で言えば、魂が喜んでいない、とでも言うんでしょうか。

ときに、気持ちが沈んで、何やってんだろ、オレ…みたいな感じになって、嫁さんとかに愚痴ったり、当たったりすることもちょくちょくあって、それをまた反省して…ということが、何度も繰り返されてきているように思います。

転職するか、自分の適職は何かとか、天職と成り得るのはどんな仕事か、それこそ電話占いで鑑定してもらったり?何かブレイクスルーが必要な気がします。

適職を占いで調べる、天職を占うというのは、結構やっている人が増えてきているみたいですね。

それというのも、電話占いというのが最近になってかなり知られてきていることもあって、気軽に占いに接する機会が出来てきていることも、いくらか影響があるように思います。

適職占いなんていうのは、そんなもの好きなことを選べばいいんだ、と考えられる人もいると思いますが、なかなか分からなくなってしまうものです、私のような人間は。

よく性格診断などの延長みたいに、適職は◯◯、△△、□□…というふうに出ていたりしますが、あれですと例えば、天秤座の人は、とか、申年の人は、とか言った感じで、タイプ別に鑑定されてしまいます。

でも電話占いだったら、基本的に私という個人の問題としての適職、天職を占ってもらえます。

それに、電話占いの占い師は、だいたいスピリチュアル系の占術を使える人たちが多いので、潜在意識の中にあって自分ではなかなか気付き得ないところを導き出してくれる可能性があると思います。

おそらく、自分の進路、適職、天職や、人生の目的や生き方というテーマは、頭だけで考えるだけでは、本質的な答えが出せないものなのかもしれません。

電話占いを利用して、適職、天職を探してみるというのは、なかなか明暗なように思うのです。

浮気されて考えたこと

浮気をされた、という経験のある人の話。

**********

以前お付き合いしていた相手に浮気されたことがあります。

もしかしたらそれ以外のお付き合いでも浮気されていた可能性は否定できませんが、はっきりと断言できるのは一回です。

その時はさすがに悔しい思いと、まだどこかで相手を信じていたいと思う気持ちが複雑に交差してるような感じでしたが、後々にわかったことがあります。

もしかしたらもっと早く気付けたことかもしれませんが、そこに恋愛が達者か否かの差が大きく表れるようです。

痛感したのは浮気されるにも理由があること、むしろその方が多いかもしれませんね。

付き合えてることに油断してるとそんなことがたいして大事に感じなかったりして、それが実は浮気に繋がってしまうほど大きなことだと思い知らされるのです。

日本人だからこそ口に出さない愛情表現、それが誤解を生んでしまうことだってあるでしょうし、察してくれよと思っているのは自分だけで、相手の心には何一つ響いていないこともあるのです。

でも今思うと浮気で済んでいるうちはまだ幸せが半分残った状態なのかもしれません。

悩んで解決できる範囲なら、少しぐらいは自分を見つめ直して相手を思いやる努力が出来るかもしれませんから。

浮気が浮気で済まない場合、その時は新たな恋を探すのも手でしょう。

たいていの男はそんな切替えという意味で女の後手を踏む生き物なのでしょうから。

**********

誰かが、浮気は文化だ、と言っていろいろ話題になったことがありましたっけ。

どうなんでしょうね・・・

実は、浮気や不倫といったことに関わる相談で、電話占いを利用する人はとても多いんですね。

占いというジャンルとされていますが、こういった話の場合は、相談という方が近い感じがします。

いろんな人、たくさんの人の相談を受け、占ってきている先生たちなので、やっぱり心の支えにはなりますよね。

いろんな形の恋愛

恋愛っていろんな形がありますから、中には胸が苦しくなるようなツライこともあります。

いずれは時間が解決してくれるものがほとんどですが、恋愛の最中は少しは息が詰まるような出来事が誰にでもあるんじゃないでしょうか?

思春期の片想いなんてその最たる例かもしれませんが、あの甘酸っぱい思い出はいったいなんて過酷だったんだろうと、大人になった今頃初めて笑って話せたりするものです。

大人になってトキメキが無くなったなんてよく聞いたりしませんか?

自分にもそんな風に思える時がたまにあったりするのですが、あれだけ苦痛だった思春期が懐かしくなったりして、今そんな機会がまた訪れないものかなどと変に期待しちゃったりします。

朝の通勤途中や、ふと立ち寄ったカフェや、何となく時間を潰している本屋での立ち読み、そんなシチュエーションでも心のどこかで忘れてしまった恋心を無意識に探しているような気がする時があります。

偶然の出会いっていうものは、きっとそんな下心がある時には生まれないものなのでしょう。

でも同じ人と同じ場所で会うことに慣れてしまってる今の生活、やはり意外性はなくて面白くはない。

ああ思春期と同じようにバッタリどこかで運命を感じる出会いを体験したいな。

今はあのツラさが懐かしくて羨ましいのです。

・・・・・・・・・・

かつてトレンディドラマの人気俳優が不倫を文化だと言ったかどうかは定かではありませんが、そんなフレーズが流行った時代がありました。

不倫がどれほど罪深い関係なのか、きっと当事者同士は薄々わかってることに違いありません。

でも心のどこかでその当事者は、そんな自分たちの関係を肯定する理由を無理矢理作ってはひたすら悩み、お互いに言い聞かせてるんじゃないでしょうか。

経験で言うなら不倫が文化かどうかなんて余裕はありませんね。

家庭を守りながらまた別の人を愛してしまってるわけですから、そんなきれいな話ではあるはずはありません。

相手と別れて帰路に着く、その時点で考えるのは家庭のことだったりしますし、もしかしたら相手が心の中で泣いてたりするのかも、すら思い浮かんではきませんでした。

長い期間を経て不倫が何らかの形で終焉を迎えた時、そこで初めて相手がどれほど悩み、どれだけ苦しい時間を費やしていたのか思い知らされる時が来ます。

言葉ではなくて表情がそう語っています。

きっともっと言いたいことがあるんだろうな、そんな雰囲気です。

いろんな言葉を押し殺すように言葉少なに目で合図して去っていく、背中が震えているように見えたのは気のせいではなかったと思います。

やっぱり冒した罪はそれなりの傷を残すものでした。

占い師もいろいろ。良い話・悪い話

「電話占いをして良かった」と言う人

☆ ☆ ☆

私は、以前、主人と言い争いをし、そして精神的に凹んでいたので、電話占いをしたことがあります。

電話占いをしたきっかけですが、話し相手が欲しかったからです…。

こうした話って、なかなか人に話せることでもないし、また相談をじっくりする場ってないと思います。

しかし、こういった電話占いは、カウンセリングみたいな役割も果たしてもらえますし、また有名な占い師に占ってもらうこともできます。

今は、通話料が無料のものもありますし、また相談料が無料から始めることのできる電話占いもあります。

こうした電話占いを使って、主人との揉め事などを相談し、私はこれから先良いことがあるのか、ということなどを占ってもらいました。

すると占い師さんは私の生年月日や、そして血液型、また名前などを聞き、そして私の運勢と運命の相手、そして未来などを占ってくれました。

私は幸せな人生を送るので、主人との揉め事は一時のものだといわれましたし、また今後もそれほど大変な災難などは起きない、と言われました。

また、私の話もじっくりと聞いてくれましたし、本当に心が落ち着きました。

一対一で、しかも顔を見ずに話すことができますので、なんとなくなんでも話せるので良かったです。

★ ★ ★

電話占いでイヤな思いをしたと言う人

お店に訪問するのが得意ではない私は、電話占いに興味が湧いてきました。

自宅にいながら運勢が分かることはもちろん、占い師なら電話でも正確な結果を出してくれるだろうと考えていたからです。

それに、支払い方法が多彩でクレジットカードを持っていない私でも占ってもらえることも好印象でした。

男性の占い師に電話占いをお願いしたら、この上なく不快な思いをさせられました。

二度と電話占いには頼らないとさえ考えているほどです。

さまざまな電話占いの口コミサイトでは、とある占い師が高評価を得ていました。

恋愛に強いとの口コミが圧倒的多数を占めていたので、話題の占い師と電話で話せるサービスを私は利用することに決めます。

何度も繋がらない状況が続きましたが、4度目のトライで彼との電話が始まりました。

穏やかな口調の男性で、これなら安心して恋愛の悩みを相談できると思いました。

ところが、私が片思いを半年以上も続けていることを伝えると、彼の態度が豹変したのです。

片思いを続けているようなウジウジした性格の女性は、恋愛を成就させるのが難しいと言われてしまいます。

彼の毒舌は続き、雨あられのように私の耳に浴びせられました。極めつけは声が女性らしくないと言われて、私は受話器を床に叩きつけてしまいました。

**********

電話占いでも、いろいろな体験談を見ることができますが、占い師によっては良い先生だったり良くない先生だったりということは実際にあるようです。

対面式だったら、なかなか途中で辞めにくい場合が多いですが、電話占いなら、占い師との相性以前に、人間的に合わない、苦手なタイプだなと思ったら、その場で電話を切ることもできます。

電話占いは、占いの中でもメリットの大きいシステムではないかなと思います。

パートナーの不倫を知った、浮気を知った・・・感情のままに動くのは避けて、第三者に相談をしてみては?

「彼氏の浮気に悩んでいる」という方に。。

「夫が最近浮気、不倫をしているようだ。。」・・とお悩みの方、とてもつらいですよね。。

パートナーの浮気に気付いてしまったら、とても心を痛めてしまわれると思います。

「そして自分だけを愛してほしい」と思うのは当然だと思います。

またそのような浮気などのプライバシーにかかわることは、他人にはなかなか相談しにくい問題ですよね。

仲の良い友達や家族には特に相談しにくいかもしれません。

そんな時は、「電話占い」を利用してみてはいかがでしょうか。

電話占いとは、電話一本で悩みを相談することができる、いわばカウンセリングのようなものです。

浮気、不倫の問題解決に向けてプロの鑑定師がアドバイスしてくれます。

電話占いは顔が見えないので、「悩みを打ち明けやすい、話しやすい」という特徴があります。

あなたの今の悩みをあらいざらい話してみてください。

プライバシーがしっかり守られていますので安心して相談できます。

また電話占いを利用するよい点は、第三者、赤の他人に相談できるという点です。

人間関係が近い人にはなかなか話しにくいことも、第三者にならとても話しやすいということがあります。

怒り、憤り、ショック、悲しみ・・・など、人によって湧きおこる気持ちは違うとは思いますが、パートナーの浮気を知った、不倫を知った、そのときの、とっさの感情に任せて動いてしまうと、冷静な判断ができなくなるものです。

これからのこともあるので、感情に任せてしまうのではなく、いったん深呼吸するような意味でも、第三者に話せる場を持つことは、とても助けになると思います。

1人で抱え込んでしまわずにぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。

不倫の悩み、人に相談しにくいことも第三者なら言える…

浮気、不倫にお悩みではありませんか。

夫婦関係がうまくいくのは難しいものですね。。

好きだと思って、幸せになろうと思って結婚したものの、その幸せはそう長くは続かないこともあります。

どんな夫婦にも波がありますし、ケンカもあります。

しかしそれがこじれてしまい、根本的に相手のことを大切に思えない、信頼できない、心が開かない・・となってしまったらとても辛いですよね。。

いったん相手に対して心が閉じてしまったら、回復するのは難しそうです。

夫、男性が浮気するのは、性格にも寄りますし、奥さんとうまくいっていても浮気する場合もあります。

でも妻、主婦の方が浮気するには、ほとんどが、夫との関係に満足していない場合が多いですね。。

性格、考え方、価値観が違う。。
子供に対しての考え方が違う。。
セックスレス、性の悩み。。

などなど

夫婦によってさまざまです。

夫婦間に何かの問題を抱えていて、妻はその心の隙間、孤独感を埋めるために他の男性に頼りたくなることが多いようです。

浮気、不倫をして一時的に心の安定にはなるかもしれません。

しかし自分を責めることで、よけいに心に傷がついてしまうこともあります。

元々の夫婦間の問題が解決しない限りは、何も状況が変わらないこともあります。

もし浮気、不倫で一人で悩んでいる方がいらっしゃったら電話占い、電話相談をおすすめします。

話すだけでも楽になることがありますし、少しでも心の負担を減らしてみてはいかがでしょうか。

不倫関係についての相談には電話占いは助かります。

「今浮気、不倫している、悩んでいる」という主婦の方に。。

「浮気をしている。。不倫をしている」・・という主婦の方。

おそらく夫婦関係がうまくいっていない、旦那さんとの関係がうまくいっていないのでしょうか。

その寂しさを埋めるために、他の男性と浮気、不倫をしてしまっているのだと思います。

おそらく自分で罪悪感はあるものの、他の方と関係を持ってしまう。。

どうしてよいのか分からない状況かもしれませんね。。

もしかしたら、今のご主人とはもう仮面夫婦で気持ちは離れてしまっているのかもしれません。

しかし世間的、社会的に見ればあなたが悪者のようになってしまう。。

このような浮気などのプライバシーにかかわることは、他人にはなかなか相談しにくい問題ですよね。

仲の良い友達や家族には特に相談しにくいかもしれません。

そんな時は、「電話占い」を利用してみてはいかがでしょうか。

電話占いとは、電話一本で悩みを相談することができる、いわばカウンセリングのようなものです。

浮気、不倫の問題解決に向けてプロの鑑定師がアドバイスしてくれます。

電話占いは顔が見えないので、「悩みを打ち明けやすい、話しやすい」という特徴があります。

あなたの今の悩み、夫婦関係の問題点をあらいざらい話してみてください。

プライバシーがしっかり守られていますので安心して相談できます。

また電話占いを利用する良い点は、第三者、赤の他人に相談できるという点です。

人間関係が近い人にはなかなか話しにくいことも、第三者にならとても話しやすいということがあります。

1人で抱え込んでしまわずにぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。

不倫をはじめ、人に言えないような事で悩んでいるなら、電話占いがオススメです。

人それぞれに悩みは尽きないと思います。

仕事の悩みや人間関係の悩み、自分の将来や、お金の事など、人が生きて行く上で色んな事で迷い、色んな事で悩むのは必然です。

特に身近な誰にも相談できない事などは、どうしても一人で考えこんでしまう事が多く、どんどん悩みが深刻になっていってしまいます。

例えば、恋愛関係の悩み。異性との関係で特に浮気であったり、不倫であったりすると、人には相談しづらいですよね。。

下手に身近な誰かに相談してしまうと問題に発展する事も考えられるので、特に関わりのない人に相談する事が必要です。

そこで、オススメなのが電話占いです。

電話占いの先生方は経験豊富なので安心して話をする事ができます。

電話占いの先生なら話をきちんと聞いてくれますし、素人とは違う、占い独自の視点から的確なアドバイスをしてくれます。

直接会っての対応ではなく、電話での対応なので、実際にその場に行く必要はなく、自宅で自分の部屋でも相談ができます。

浮気や不倫の事であれば、周りに話を聞かれたくない事もあると思うので、そういった面でもとてもオススメです。

人に言えない悩みを一人で悩み続けてしまうと、悪い方に考えがちになるので、早めに誰かに相談する事が大切です。