恋愛占いを専門にしている電話占いWish

電話占いのWishは、恋愛占いを専門にしている電話占いサイトです。

恋愛相談は、各社の電話占いでいちばん相談内容としては多いのですが、この恋愛関係のことを専門にしているというのは興味深いです。

なにしろ、電話占いのサイトで口コミや感想なんかの投稿を見ていると、軒並み恋愛に関するテーマが多いのがすぐ分かります。

彼から連絡がこない、彼からLINEが来ない、彼の気持ちが分からない、相手の気持ちが分からない、この人は運命の人なのだろうか、運命の人はどこにいるのか、今年の恋愛運は、結婚運は?なんていうことを見てもらっている人がとても多いです。

そこへ来て電話占いWishは、恋愛占い専門的に行うということなので、相当自信を持っているのだと思います。

電話占い会社の自信はどこから来るのかというと、やっぱり在籍している占い師の能力、実力、人気が大きなポイントだと思います。

そうでないと、ただでさえ恋愛占いの件数が多いこの業界で、恋愛専門とはなかなか言えない感じがします。

Wishは、an・an、女性セブン、ひふみなどの雑誌やその他広告などにもよく取り上げられていて、徐々に知名度があがってきています。それに見合う、よく当たると評判の占いがたくさん在籍しているので、この調子でどんどん利用者が増えていく電話占い会社だと思います。

Wishでは恋愛を専門に占い、鑑定をしてくれますが、年中無休、24時間、サポートセンターが対応してくれますので、急な相談でも受付してもらえます。

そして、相談しようと思っている内容を伝えることで、そのテーマを得意とする先生、本人にあった先生を紹介してくれるシステムがありますので、安心して任せられます。

深夜、真夜中、朝5時・・・恋愛の悩み、辛い気持ちは突然やってくるものですが、Wishはそういった感情の波にも対応してくれる良心的な電話占いです。

Wishにいる占い師はどの先生も恋愛に関する占いを得意としているのですが、占いには相性というものがあるようですし、恋愛の形というのはいろんなものがあることを考えると、占い師の占術や人柄など、相談者その人との相性の話が出てくるものです。

そんなことを考えますと、たくさんの人の受付をしているサポートセンターの人が、合った占い師を紹介してくれるというのは、有難い話だと思います。

Wishの占い師の中には、AKBのメンバーをはじめ、有名人の鑑定をしている方もいて、芸能人の鑑定をしていることが公になっているというのは、安心感が持てると思います。

プライバシー保護の徹底、クレジットのセキュリティーは万全、ダイレクトメールなどの送付は一切なし、占い師による鑑定時間の引き延ばし無し、相談者の好きなタイミングで電話を切ってOK、など、安心安全のシステム、そして、しかも業界をけん引する、当たる恋愛占いWish、チェックしておいて損はないと思います。

電話占いの支払いもコンビニで完結

電話占いWISHウィッシュの鑑定料金の支払いは、コンビニで完結できるというメリットがありますね。

WISHウィッシュ以外にも、コンビニ決済や電子マネーによる支払いができるところはありますが、まだ少数派ではないかというイメージがあります。

だいたいの電話占いでは、銀行振込かクレジットカードによる支払いに対応しているというのが多いと思います。大多数の人が銀行口座を持っているでしょうし、クレジットカードも持っている人が多いと思うのでことは足りるのだろうとは思います。

ただ、コンビニで電子マネーを買って、そのポイントで電話占いの鑑定料金を支払うというのは、実はとても便利なんじゃないかと思うのです。

銀行振込だと通帳に記載されますし、もし内緒の相談、占いをした場合など、これなに?みたいにバレてしまう確率が上がってしまう気がします。

クレジットカード払いでも、ご利用明細みたいなものがきますので、同じようなリスク?が出てくると思います。

その点、コンビニで帰る電子マネーであれば、そういう危険がぐんと下がるだろうと思います。

ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンが、電話占い鑑定料金の支払い窓口みたいなものですよね。これなら、周りに怪しまれることもないですし、内緒の相談ごとでも、こっそりできる環境が整うって感じがします。

電話占いWISHウィッシュでは、コンビニ決済、電子マネー決済ができるようになっているので、お試しの価値ありと思います。

電話占いウィッシュWISHの鑑定料金の支払い方法は、種類が多くて自由度が高いです。

電話占いの料金は、銀行振込による支払いとクレジットカードによる支払いが大体のところでできるようになっています。

プラスであるのが、電子マネー決済、コンビニ決済といったものがあり、電話占いウィッシュWISHは、その支払い方法にも対応しています。

ローソンならLoppi、ファミリーマートならFamiポートで電子マネーの購入手続きをしてレジでお支払い、というやつです。

loppi、famiポートってコンビニにいったらありますよね、銀行ATMと並んでいることが多いやつです。

こういう電子マネーで料金を支払えるサービスはどんどん普及していっているようです。

ちなみに、電話占いウィッシュWISHで利用できる電子マネーは、Cチェック、Gマネー、セキュリティーマネーの3種類だそうです。

電子マネー業界も競争とかしているんでしょうか。

利用する側からの希望としては、電話占いを始め、できるだけいろんなところで使える電子マネーが便利ですもんね。いずれ、統合とまではいかないのか分からないですが、標準となるものが決まってくるのかもしれません。

電話占いを選ぶときの指標ってなんなの?

電話占いのおすすめ度やランキングの指標にはいろいろなものがあると思います。

先日書いたのは、恋愛占いという大きな括りではなくて、復縁に特化しているとかいうふうに、より細かいテーマに絞った紹介の仕方をするとか、あるいは、電話占いという性格のメリットを最大限に活かせる、内緒で相談ができる、回りにバレないで話ができる、という、不倫などに関する鑑定、占いが得意である、というようなキャッチコピーが功を奏しているところが出てきています。イメージ戦略的なところがありますよね。

ところが一方で、電話占いウィッシュWISHは、なんと、とても大きなテーマ「恋愛占い専門」という案内の仕方をしています。これはオモシロイ発想だなぁと私なんかは思いましたね。

もともと電話占いでは恋愛占いの依頼が多いので、どこの会社も恋愛占い、鑑定には力を入れているところがあると思うのですが、そこへ来て、わざわざ恋愛占いを専門だというフレーズを使うところは、ちょっと興味をそそられました。

しかも実際に、恋愛占いの件数が多いですし、おすすめ電話占いサイトや、おススメランキングなどでも、ウィッシュWISHの名前はちょくちょく出てきているのです。こちらの、おすすめ恋愛占い、電話占い口コミランキングでもずっと上位にランキングされています。

結局のところ、キャッチコピーも知名度を上げていくときにはとても重要な要素のひとつではあるものの、口コミ評判が良い、至る所でおすすめだとお墨付きをもらえている、あるいは、ランキングサイトで上の方にランクインされている、などといった支持があってこその、本当にいい電話占いであることの証明になるのでしょうね。

どこの電話占いがいいのかといろいろと調べていると、それぞれの特徴というのがちょっとずつ見えてきます。

電話占いのおススメランキングなどのページを見ていて、そこがランキングの上位にいる理由、あるいは、オススメ、パワープッシュされている理由を、考えて見ながら情報を読んでいくと、面白さもアップする感じがします。

たとえば、恋愛に強いところをお求めの方は、こちらがおすすめ!と書かれていたりすると分かりやすいと思いますが、いま、電話占い会社は本当にたくさん出てきていて、しかも、電話占い業界全体として、占い内容、相談内容として、いちばん件数が多いのが恋愛に関することなわけです。

この状況を考えると、単に、恋愛占いが得意、というだけではなかなかおすすめランキングの上位に挙がって来れないことも多くなってくるようです。要するに、もっと細かい特徴、強みが必要になってくることもあるんですね。

たとえば、電話占いウィルWILL。ここは、恋愛の中でも、復縁特化の専任鑑定師、という紹介で、縁結びの神様と言われる太朗先生や、ラブメッセンジャーと異名をとるキララ先生、ウィルWILL内でも人気鑑定師として常時ランキング上位に数えられるユア先生たちが紹介されています。

先生の実力もさることながら、復縁特化というキャッチフレーズで、復縁と言えばウィルWILL、というイメージを作っている感じがしますね。

いろんな方法で、おすすめ度をアピールしているんですね。

電話占いはどこがいいんでしょう?

おすすめの電話占いはどこでしょうか。

口コミ投稿を見たり、ランキングサイトを見たりしていると、徐々にその評判の良し悪しなんかが見えてくるものですが、実際に自分が利用するときに、どこが自分にとっていちばんいいのかって、分からないところがありますよね。

ここはオススメです!と言われているところであったとしても、相性みたいなものがあって、自分に合うかどうかって結構人それぞれで異なることがあるみたいですから、困ったものです。

ちょっと視点を変えてみて、ランキングやオススメ電話占いを紹介しているサイトの見方で、なにを切り口にして、ランキングにしているか、おすすめしているか、というところを見てみるといいかもしれません。

自分が電話占いを利用してみようと思っている理由はなにか、もし相談をしたときに、占い師にどんな感じで鑑定をしてもらいたいか、どういう口調、内容を知らせて欲しいか、時間をかけて話をしたいか、短時間でパッパッと進めてもらいたいか、などなど、自分の希望をいちど整理してみることは、有益だと思います。

そうすると、各社の口コミや、ランキングサイトの情報などを見たときに、あぁこれは自分に当てはまっているぞ、ここは自分がしてほしいことと違うなぁということが分かってくるのではないでしょうか。

電話占いでも、占い師と自分との出会いの場を提供しているようなところがあると思うので、こちら側の希望する鑑定の感じを、本人がある程度意識できていると、いいよりいい鑑定ができると思いますし、電話占い会社を探すうえでも、ランキングや口コミサイトの情報の見え方が変わってくるだろうと思います。

電話占いサービスを提供する会社も急増して、すごくたくさんの電話占い会社ができましたね。

各社それぞれで、強みや特徴があって、ちゃんと探せば、自分にあったところを探すことができるんだろうと思います。

ある程度、評判が出ていたり、口コミやレビューなどで調べられるところまで知名度があがったものについては、良さそうか良くなさそうかなど、自分ででも調べられるようになっていますが、これだけあると、かえって迷ってしまいますね。

選べるものが多いと、楽しみのひとつでもありますが、そこそこ有名になった電話占い会社は、一定水準以上の実力、スキルを持った占い師、鑑定師を擁しているので、選ぶ方も、何を基準に選べばいいか、立ち往生してしまうような状況でもあるでしょう。

私の感じでいくと、これからの電話占い会社は、占いという性格上、鑑定師の占が、当たるか当たらないかということはもちろん半永久的に取り沙汰されることではあるでしょうけれども、なにか特徴となるテーマを持っていることが大事になってくるような気がします。

たとえば、WISHウィッシュであれば、恋愛占い専門であるというキャッチフレーズで出てきたところです。

もともと、電話占いに持ち込まれる相談内容は、恋愛についてのことが多いわけですが、そこへあえて切り込んでいるところに男前さ?を感じたしもします。

他に、WILLウィルであれば、復縁についてとくに専門のページを作って、復縁を得意とする先生を紹介しています。

ここで紹介されている先生は、この業界では超有名になっている方々ですね(太朗先生、キララ先生、ユア先生)。

こんなふうに、なにかキーワードやキャッチフレーズとして、イメージ戦略みたいなことが必要とされているのかもしれません。

利用者立場としては、電話占い各社がいろんな創意工夫をしてくれるのは嬉しいことですし、この悩みならココ!というイメージが定着すれば、どこで占ってもらおうか、と悩まなくて済むので良いような気がします。

「気づき」これがとても大切な現象なんですね。

あることに「気づいた」「気づかされた」「気づかせてくれた」ということがあります。

これって、心にとってすごく大切なことなんですね。

分かりやすい例で言えば、恋人と別れてしまったあとに、その存在の大きさに気づく、というようなことです。

身近にいると、そこに居て当たり前だという錯覚に陥ってしまうものです。

でも、そうじゃないんだよ、ということに気づくことは、日常的にはなかなか難しかったりするのも事実ですよね。

恋人のたとえも、その他のことでも同じなんだと思うのですが、普段の生活の中では、相手に対して腹を立てたり、機嫌悪くしたり、自分の気持ちを押しつけたり・・・と、自分中心になってしまいがちです。

でも、「相手も含めた自分」というものができたとき、また二人の関係は大きく進展するのかもしれません。

ところで・・・

ある有名な先生の書いた本に、こんなことが書かれていて、なるほどなぁと思ったのですが、「愛」という言葉があります。

この「愛」というのは、名詞なのではなくて、動詞なんです、ということです。

何が言いたいのかというと、「愛が欲しい」「愛を探している」「愛を探している」という言い方は、それ自体がおかしいんだと。

その「愛」なんていうもの(名詞)は無いのに、です。

そういうふうセリフって、結構聞く気がしますけど・・・

愛について語ろうと思ったときには、動詞として使うしかないんだということなんですね。

要するに、自分が相手を「愛する」。

「もう私たちの間に愛はなくなってしまったんです」というのも良い方がおかしい。名詞として使っています。

「愛を感じなくなった」というのも、愛を名詞として使っていると言えますね。「感じるモノ」ではないと。

確かにそうかもしれないなぁと、なかなか面白い表現の仕方だなと思って関心してしまいました。

これも私にとっては「気づき」のひとつと言えるでしょうね。

電話や対面に抵抗のある人はメール占いがオススメ

メール占い、いちど利用するのも面白いと思いませんか。何といっても気軽ですしね。

メール占いといっても、いわゆる、自動配信のメールのようなもの機械的に送られてくる、ということではなくて、占いの鑑定結果が、メールで返信されてくる、というものです。

タロット占いといえば、タロットカードを使って占いをする。星座占いなら、星座の位置とかを見て占いをする。手相占いであれば、依頼者の手相を見て占いをする。

そういう具合なので、〇〇占い、と聞くと、〇〇を使って占いをする、というふうなイメージで、感覚的に捉えてしまうので、いちばん初めに、メール占い、と言われたときに、どういうこと?と思ってしまったんですよね。

メール占いをしてくれるところはいろいろありますが、ウィル、ヴェルニなんかは、老舗ですね。

鑑定師の先生方の、専門の占い方法がそれぞれ違うので、いろんな手法で、占ってもらうことも可能です。なので、2016年の運勢についても、ここでなら、より多面的に鑑定をしてもらうこともできるんですね。

どの先生、どの占い方法に、もしくは、それぞれでやってもらって、見合わせてみる、なんてのも面白いと思いますね。

2016年幕開けのときに、占いを試してみた人がいるかもしれません。また、おみくじを引いたり、抱負を掲げたりした人も少なくないと思います。

さて、中盤に入りましたが、進捗はいかがでしょうか。

年初の目標とか、計画していことが、ちゃんとうまい具合に完了しそうか、いやはや、どうも、順風満帆には進んでいないが、まぁぼちぼちの成果になりそうだ、とか、やろうと思っていたのに、時間ばっかりが過ぎて、全然手をつけられずにいた…、とか。

いろんな状況、成果が、現実的になりますよね。

今年は残すところ2ヶ月強。もちろん、念頭の目標としていた事柄の内容にもよると思いますが、この数ヶ月くらいの期間って、巻き返しを図るのにも、結構いい時間じゃないでしょうかね。ちょっと時間があるようで、ないようで、という感じだと思います。

ところで、運勢って、勢いって書きますが、運勢という言葉で使われている”勢”の字は、滝のような、ゴゴーっという強い意味とは違って、どちらかというと、流れや、巡り合わせというような感じの意味みたいです。

来年の運勢の占いの鑑定結果が、もしメール占いを利用された場合は、文字通りメールで送られてくるわけです。その受信したメール占い結果、文章を読んで、それの意図するところを、イメージで捉えてみます。そして、来年の自分の運勢の流れを、まさに、川の流れのようなイメージで捉えてみて、そこに自分が乗って、うまく流れていくような感じで、計画を立ててみる。

占い結果を、ああしなさい、こうしなさい、という感じに取らないで、あくまで自分の運勢の流れを、占いを利用して、自分でイメージして創っていく。そういう見方も大いにアリだと思います。

メール占い・電話占い・対面占い

占い師、鑑定師の先生に相談をする、占いをしてもらう、というときに、話下手だとか、勇気が出ない、と言う人も結構いると思います。

でも、悩みを抱えたままとか、モヤモヤした気持ちのまま日々を過ごすのって、とっても疲れますし、せっかくの人生の貴重な時間がもったいないように思います。

そんなとき、対面で占ってもらうのに抵抗のある人は、電話占いのサービスを使うと良いだろうと思います。

文字通り、電話越しに先生と話ができるものですね。

電話占いのウィル、ベルニ、ピュアリ、魔法のランプ、なんていうところが有名で人気のあるところでしょうか。

さらに、電話ででも、いまいちちゃんと話ができる自信がない、と言う人には、メール占いがオススメです。

こちらも文字通り、悩みやスッキリしたいと思っていることを、メールで先生に送るというもの。

これであれば、自分の考えをまとめた状態で、先生に相談ができるので、話が苦手な人にも優しい方法だと思います。

占いしてくれる人は知らない人だし(これは普通に、対面してやってもらう占いでも一緒か…)、メールでやりとりするなら、顔を合わせる必要もないというところで、それなら・・・という人はかなりいるのではないでしょうか。

もし、占いして欲しいことや、相談したいことが、あんまり人に知られたくないような内容であれば、なおさら、占いをしてもらうとか、相談を持ちかけるのに、ハードルが下がります。

ネットでコミュニケーションとるツールなんて、それはそれはたくさんありますし、実質的に、連絡取り合ったり、話し合ったりするのに、携帯、スマホ、パソコンを使って、ネット基準でやる時間の方が多い、という人も、相当たくさんいるんじゃないかな。

メール占いって、こういったネット環境とうまくマッチしていると思うし、ネットでのコミュニケーションが主体となっている人たちには、すごく入りやすい占いだと思えます。

メール占いは、個別に占ってくれるので、信ぴょう性がありますね。

電話占いで直接話ができればもっと具体的な占いができるのかもしれませんけど、話するのが苦手という人なんかは、メールで相談ができる、鑑定をしてもらえるというのは嬉しいことだと思います。

また、鑑定師の先生方もいろんな専門の人がいて、専門の占い手法がそれぞれに個性的です。

自分の悩みに合わせて先生を選ぶことができるのも有難い話です。いろんな占い方を試してみることもできますね。

悩み別での検索、占術での検索など、いろんな角度から、相談する先生を選ぶことができるようになっている占いサイトがほとんどじゃないでしょうか。

例えば、
出会いの瞬間について
・あなたが出会う運命の人の姿
・気になる人との相性
・良縁に恵まれる時期
・運命の人を引き寄せるにはどうすればいいか
・・・
運命の恋について
・いまのこの出会いは運命でしょうか?
・相手の本心、気持ちを知りたい
・今の関係からの転機はくるのか?
・もっと愛されたい、そのためには?
・・・
永遠の誓いについて
・結婚相手に出会えるのはいつごろ?
・彼が結婚に乗り気じゃない、どうすれば?
・自分の理想の結婚相手は?
・幸せな結婚ができる時期はいつごろ?
・・・
復活する愛について
・不倫相手が望む未来とはどういう未来?
・貴方が振られてしまう原因とは?
・あの人、と復縁ができるんでしょうか?
・忘れられない人がいるのですがどうすれば?
・・・
といったようなことも相談が寄せられているんですね。

鑑定師さんに占ってもらうので、メール占いと表記していますが、メールで悩み相談をするような感覚です。

著名な先生方と直接、個別にメールをやりとりできるというのはホント有難いサービスですね。

占いのように目に見えないもの

占いは、未来のことを推測したり、現在抱えている悩みや、迷っていることなどの解決策を探そうとしたりするときに使うことが多いと思います。

いちばん相談、占い依頼の件数として多いとされているのがわ恋愛についての内容のようです。相手の気持ちを知りたいとか、運命の人は何処にいるのかとか、出会ったこの人は運命の人なのか、とか。

確かに恋愛中というのは、相手の気持ちは知りたくなりますもんね。だいたい恋愛占いをしてみるひとは、女の人が多いと思いますが、気になるという意味では男だって一緒ですからね。気持ちは分かります。

最近は恋愛に限らず、仕事のことなどが占い、相談の対象になる案件も多くなってきているみたいで、女性で外に出て働く人も昔に比べて多くなったことも、その一因と言えるんだろうなぁと思ったりします。

そもそも、占いというものをやってみようと思うのが、女性の方が多いようなのですが、人間関係や仕事についてのこととなると、男女関係なく、今では、占ってみるという人が多くなっているようです。

最近はスピリチュアルな話なども受け入れられやすくなっている流れがあると思います。パワースポットとかがよく取り沙汰されるのもその流れの一つではないかと思います。

占いのような目に見えないもののサービス、今後ますます増えていくんじゃないかと思います。

パワースポットで運気アップ、心の浄化、幸せを引き寄せ!

パワースポットがよく話題に上がるようになって結構久しい感じもします。

私の嫁がお笑い好きということもあって、手相占いでポーンと出てくる依然から、島田秀平のことは、知っていることは知っていました。

ですが、手相占いでブレイクして、人志松本のゾッとする話などでテレビで見かけるようになって、改めて手相占いにしても、パワースポット紹介にしても、スピリチュアル的な関係の話をすると、面白いなぁと思いました。

ところで、パワースポットって今では珍しい言葉ではなくて、旅行のパンフレットとか、もちろんネット上にもいっぱい見られます。全国のパワースポットめぐり!なんていう企画が、旅行会社から出ていたりします。

私のイメージでは、パワースポットというのは昔からいろいろ言葉は違えど、言われていたのだと思いますが、ここまでよく使われるようになったのは、島田秀平が火付けの一役を担ったのではないかなぁと、ひいき目かもしれませんが、思っています。

実際めちゃくちゃ詳しいですし、話も面白いので、へぇ~、ほぉ~っと思って、旅情というか、行ってパワー、エネルギーをもらえるかもしれないなと思わされます。

もともと旅行は好きなので、ちょっとそのパワースポットの由来などの勉強していくと、実際にその場所に行ったときの、自分の心の状態が受け入れ態勢にできるような気がします。

2016年パワースポットも島田秀平の案内にお任せしてしまうのも大いにアリだと思います。

島田秀平って、パワースポットもさることながら、手相占いもユニークだし、お笑い芸人としても、怖い話、ゾーッとする話とかで、ほんとさむイボでるような語りを聞かせてくれますよね・・・

そもそも、手相占いでブレイクしたような感じはありますが、これってすごいですよね。ただ、手相の線に詳しいだけじゃないところがあるようで、不思議なもんです。

もともと、「代々木の甥」なんて命名もらった、手相占いの師匠にあたる人がおられたそうで。その方に、「あなた視えるわね」ということ言われ、勉強したとかいうエピソードがありますね。

そこから、KY線、エロ線、カリスマ線、玉の輿線・・・などなど、オリジナルな手相線を見つけ、とても有名になりました。スマホサイトのコンテンツもかなり人気を得ています。

2016年バージョン、手相占いの方もまた更新されてくると思いますが、2016年版というと、パワースポットの方が気になりませんかね。

手相というのは、どちらかというと、本人の状況が変わるということが多いので、それを見てもらうという感じがしますが、パワースポットとなると、その場所のエネルギーや気の状態が、2015年と2016年とでは変わることがあると思うんです。

強いパワーをもらえる場所が、2016年に新たにできたり、2016年に強くエネルギーが溢れる、というところなどは、是非ともチェックしておきたいところです。

電話占い会社は占い師と私達の橋渡しの役目をしてる感じですね。

電話占いは本当に相談窓口として使うのには、モッテコイのシステムだと思いますね。公的なこと、たとえば、確定申告とか役所関係の手続きとか、そういったことは、それぞれの項目で専門家の人がいる窓口ごありますけど、人間関係のこと、恋愛のこと、家族、仕事、人生についてとか言うことになってくると、どこに誰に相談すればいいのかって、パッと思いつかないものじゃないでしょうか。

電話占いがあるというのを知ってからは、いざなんか深く迷ってしまったら、ここで話をしてみるといいだろうという、ある種の安心感が出てくるように思います。

確かに悩みごとというのは、千差万別ですし、ある分野の専門家の人の意見がそのままその人の状況にピッタリと当てはまるということは、とても少ないように思います。

そもそも、現実的な状況はよくあることと言えることかもしれませんが、そこに人の気持ちや心が絡んでいるので、専門家の正論、理論だけでは解決に繋がらないことがあると思います。

そんなとき、ある意味、占いという漠然としたカテゴリーの先生に相談するというのは、かなり面白いと思うのです。

よく、悩みごとを相談できる友達がいるのは有難いなんて言います。その通りで、詳しい人じゃなくても、話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になることはありますもんね。ただ、近い関係にある人に話しにくい内容となると、話せる人がいないのが実際のところと思います。

いろいろ考えても、やっぱり電話占いというのは、うまくできているシステムだと思います。

当たる電話占い、当たる占い師はどうやって探すのかっていう話題は、しょっちゅうネット上でも出てきていますね。

Yahoo!知恵袋とか、教えてgoo なんかでも、どこの電話占いがいいですか、何という占い師が当たるのでしょうか、といった質問が寄せられているのを見つけることができます。

これって結構難しいことでして、100%の回答ってなかなかできなかったりするものです。

何しろ占い師によって、占術も違いますし、鑑定結果の解釈が異なる場合もありますし、スピリチュアル占いの霊感をひとつとってみても、いわゆるハイヤーセルフとか守護霊とか、あるいは神的存在からのメッセージを受けるときに、映像として受け取る人、色として見える人、言葉として聞こえてくる人、エネルギーの流れとして感じる人、いろんな察知の仕方があるわけです。

そして、その受信した信号、感覚をどう解釈するかも占い師によって違いが生じるところでもあります。

占星術だってそうです。ホロスコープはある程度、周期的に決まった配置になるのですが、ここに金星がいるから、もうすぐ木星が近づくから、とか、星それぞれの象徴する意味と、その人の星座との関連でストーリーを創って読み解いていくのですが、それでも占星術家の捉え方によって、聞こえ方が違ってきたりします。

そういう意味では、電話占いで、ことスピリチュアル占いとなると、その差はもう少し大きくなる可能性は十分にありえます。おそらく、占い師との相性は大切なポイントだと言われる由縁だと思います。

野球のバッテリーみたいな感じで考えると分かりやすいかもしれません。次の球はストレートでいくか、フォークボールにするか、と、意見が分かれる感じ。ここはストレート勝負だ!とふたりがピタッと一致するようなとき、占い師が良かった、占いが当たる、ここの電話占いがいい、という感覚が生まれるのかもしれません。

せっかくたくさんのメリットが生まれる可能性がある電話占い、皆がそれぞれに合う、良い先生を見つけられるといいですね。